リスリング学習の今と昔

今、リスリング学習をしている。
以前は、CD付き教材を買ってリスリング学習をしていたものだ。CDラジカセを用意しなければならず、また聞き逃さないためにはイヤホンも必要なので、いろいろと面倒だった。音楽再生機に転送して聞くこともできるが、その転送する作業も面倒だった。うまく転送できないと曲順通りに入らず、教材と再生される内容がずれてしまうこともあった。
今は、ニュースアプリを使って、簡単にニスニング学習をすることができる。ちょうど今もしている。音声が海外のニュースからの音源のため、発音や表現が現地のものである。しかも現在の進行している話題のため、自分も知っている場合は理解も早い。仮に知らない内容でも話の流れから、推測しながら聴くことができる。アプリによっては、同時に音声のテキストを表示することもできるので、今までCDとて教材で合わせてやっていたリスニング学習が一度にできることとなった。
しかし、弱点もある。英会話の練習にはならないことだ。あくまで一方的に聞くことを目的となっているため、こちらが話すこと、スピーキングの練習にはならないことだ。話す英語には実際に発音したり、自分の中にある英語力を出力することが必要だからである。
そう考えながらも、今もリスニング学習を続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です